カンジダ病とは性病の一つであり、性交渉で感染する事は稀です。
その多くが自己発症となっています。
そんなカンジダ症ですが、イメージとして女性だけがなるものだと思っている方も少なくないのではないでしょうか。
実際のところどうなのかについて、これから解説をさせていただきます。

 

カンジダ症は女性だけのものではない

 

カンジダ症は女性がかかりやすい性病であるという事は確かです。
しかしながら、女性だけのものとは言えません。
男性も女性よりは発症しにくいものの、やはりなってしまうケースというのもあります。
ですからしっかりと男性も注意をしないといけません。
男性がカンジダ症になった場合、基本的に痛みはほとんどありません。
しかし、性器に白い垢のようなカスが多く発生するなどの症状が表れます。
そして稀に尿道炎を起こしてしまう事もあります。
こういった症状がある場合には、カンジダ症を疑った方が良いと言えるでしょう。

 

男性がカンジダ症になる原因

 

男性のカンジダ症の原因は、女性のそれとほとんど変わりません。
性交渉でうつる事はあまりなく、男性も免疫力などが落ちている時に自己発症するケースが多いです。
体調不良ストレスを感じていたり、過労が続いているなんていう場合には十分男性も気をつけないといけないでしょう。
また、仮にカンジダ症を発症している女性と性交渉をした場合には、シャワーをあびてしっかりと清潔に保ってください。
大抵の場合にはそれだけでも感染は防げます。
なのでカンジダ症にならないために一番気をつけるべきは、自分の体調だと言えるでしょう。

カンジダ症は女性がなりやすい性病ではあるものの、女性だけの病気ではありません。
男性も女性同様に免疫力などが低下している時には自己発症をしてしまう可能性があります。
性器に白いカスが発生するような場合にはカンジダ症の疑いがありますので、放置をしてしまわずに病院にいく適切な処置をしてもらいましょう。

投稿日:2017年7月31日 更新日:

執筆者: